たなはしせつこ

フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 期日前投票にお出かけください。 | トップページ | 7月13日(土)のたなはしせつ子のツイートをまとめました。 »

2013年7月13日 (土)

選挙公報にみる政策比較(自共対決編)

<スタッフ>
安倍政権と正面から対決し、国民の立場から抜本的対案を示す日本共産党とたなはしせつ子候補。

Senkyokouhou_hikaku1

« 期日前投票にお出かけください。 | トップページ | 7月13日(土)のたなはしせつ子のツイートをまとめました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  最近、在職中は自民党に所属していた加藤紘一氏・野中広務氏・古賀誠氏らが今の自民党に警鐘を鳴らしています。
  安倍首相などは保守を自称していますが、彼の言う保守は「権力の座を守る」「大企業を守る」といった意味でしかありません。「庶民の生活を守る」「第一次産業を守る」「豊かな自然を守る」「日本の良き伝統文化を守る」といった保守本来の役割を果たそうという考えは全くありません。だから、もはや自民党は保守ではないのです。もちろん革新でもありません。では何かと言えば、破壊政党というのが的確でしょう。権力の座や大企業を守ることを何よりも優先し、そのためには本来守るべきものを平気で破壊する政党、それが今の自民党。
 最近、私は共産党こそが保守なのではないか…と思うようになりました。
「共産党こそ保守本流である」
「自共対決」のみならず、そのこともうったえていったら、かなりインパクトなるでしょうね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1904261/52436617

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙公報にみる政策比較(自共対決編):

« 期日前投票にお出かけください。 | トップページ | 7月13日(土)のたなはしせつ子のツイートをまとめました。 »